あの名作がドラマになって登場。現代のギャングスタが集結!『Snatch(スナッチ)』(Crackle 2017)を英語で観たレビュー

作品について

『Snatch』(TV series)は、2017年にアメリカの動画配信サービス「Crackle」にて公開されたドラマ。全10話。🇺🇸🇬🇧

2000年に公開されたガイ・リッチー監督の映画『Snatch』がオリジナルとなる。

Crackleドラマ版の第2弾も製作中である。日本語版は2018年2月現在未公開。

公式Twitter https://mobile.twitter.com/Snatch

あらすじ 舞台はロンドン。三流ギャング3人組は、手違いで金塊を運送中のトラックを襲撃、大量の金塊を強奪してしまう。訳ありの金塊に翻弄され、組織犯罪にどんどん巻き込まれていくクライム&コメディドラマ。

こんなひとにおすすめ

☑ Rupert Grint🙆‍♂️のファン
☑ 映画『Snatch』のファン
☑ 英語勉強中のひと(⚠日本語版まだ出ていません)
☑ 映画『Snatch』ファンでなくても楽しめる

見どころ&感想(ネタバレなし)

大好きなRupert Grintの最新作、主演&製作指揮(❗)、さらに、大好きで何回観たかわからない映画『Snatch』が元ネタのドラマとは!最高!😆見るしかない!

ということで、日本語版が出るかどうかもわからないし、英語の勉強もかねて鑑賞しました。英語での理解が追いつかない箇所がいくつかあったので、日本語版の公開を心から望んでいます😭

『Snatch』(TV series)の見どころをまとめました😆

映画「Snatch」からのインスパイア要素盛りだくさん💎✨

Crackleドラマ版は、オリジナルからインスパイアされたキャラクターや要素を引き継ぎつつ、ストーリーが一新されています。

たとえば、ボクサー、宝石商、豚🐷、犬🐕、パイキーなどなどが出てきますが、設定が異なります。

映画版からのインスパイア要素を見つけると思わずニヤリとしちゃいます。パイキーはオリジナルのブラピが最強や…

映画版の獲物は、ダイヤモンドでしたね💎ドラマ版はゴールドに翻弄される人々がメイン💰(ダイヤモンドも出てくる)

実際にあった事件が元ネタ💰

ロンドンで26億円相当の金塊が盗まれたブリンクス・マット強盗事件から着想を得ているとのこと。

より今っぽくアップデート🆕

ドラマ版もテンポが良く、サクサクと進みます。

俳優だけ変更したようなマンネリなリメイクではないです。リズミカルなテキストメッセージなど、現代っぽい視覚効果も楽しい👀

オープニングとか、Twitterの告知映像とかもデザインがかっこいい💯

音楽もぴったり🎵

挿入歌もシーンや台詞にぴったりのものがチョイスされてるし、エンディングの曲も毎回違って楽しめます。ロッティの登場シーンとかかっこいい!プレイリストまとめて聴いてみたい。

わくわくするキャストとキャラクター

ハリー・ポッターシリーズでおなじみ、Rupert Grint(ルパート・グリント)が主演&製作指揮。

アルバート役のLuca Pasqualino(ルーク・パスカリーノ)めっちゃイケメン!

また、映画版はおじさんばかりでしたが(笑)ドラマ版はロッティとクロエというおしゃれでかわいい女の子が二人も出てきます!なんと華々しい…✨

みんな一癖あるキャラクターで楽しめます。

映画版はそれぞれの気ままな個人プレーが織りなす可笑しさが最高なんですが、このドラマ版では各キャラ同士の距離が近く、連帯感が描かれているように感じました。恋愛や家族のことなども盛り込まれていて見応えがあります。

笑えるっていう意味では映画の方が笑えたかな〜。英語をちゃんと理解してないってだけかもだが。


日本語版にも期待したい❗どうか出ますように…