Postcrossingの使い方:ポストカードの送り方

登録と設定が済んだら、早速ポストカードを送ります。送らないと自分にも届かないです。
この最初の1枚で、書き方やルールを覚えちゃいましょう🙌

送り先のリクエスト

送り先の住所のリクエストは、最初は最大5通まで可能です。何度か送ると最大リクエスト数が増えます。

ログインして、SEND A POSTCARDをクリック。

注意事項が書いてあるので、確認のためチェックを入れます。

A few notes(注意事項)

  • ポストカードIDが発行されますので、必ず発送するポストカードに記載してください。受け取った人があなたのカードの受け取り登録をする際にIDが必要です。
  • あなたが送るカードの宛先のコピーは、あなたのメールアドレス宛に届きます。
  • カードを送る前に、コミュニティガイドラインを読んでください。
上記を確認の上、ポストカードの宛先をリクエストします。

次のページで、送る際に必要な情報や、相手のプロフィールを見ることができます。

今回は、海や海の生き物が好きなロシアの女性に送ることになりました。

はがきの選び方

なるべく相手に喜んでもらえそうなカードを選びます✨

ヒント1️⃣上記のように、リクエストした時に表示されるプロフィールテキスト

ヒント2️⃣相手のプロフィールURL → Wall → Favorite。ここでは、相手が好きなテイストのカードが表示されます。(ユーザーは、Postcrossingサイト内で見つけた好きなカード(ID)にFavorite❤をつけることができ、その画像が表示されます)

特に好みとかが書いていなければ、自国の文化がわかるものや絶景などが無難かと。ふだんからポストカードのストックを持っておくとすぐに送れますね😉

(慣れてくると、この人は日本の他のユーザーからはどんなカードを受け取ってるかな?かぶらないようにしよう…💭などいろいろ考えたい点もあります。)

今回は、手持ちのアザラシの赤ちゃんのカードにしました。

はがきの書き方

今回はこんな感じで書いてみました😍

ペンについて

油性か耐水性のペンで書きましょう。おすすめのペンはこちら💁

ポストカードにおすすめのペン3選

2018.01.13

切手を貼る

日本からのエアメールは全世界どこでも70円。ポストカードとあわせて切手を選ぶのも楽しいです。もちろん普通切手でもOK。消印を押されるので、少しスペースを開けて貼ると⭕

宛先と差出人を記載する

To. のあとに名前と住所を書きます。Mr. やMiss. Mrs. などの記載は不要です。(特にMiss. Mrs. はわからないので)順番なども、書いてある通りに書きましょう。住所をプリントアウトすることもできます。まれにアルファベット以外の文字で記載されていることもあるので、書き方がわからない場合はプリントアウトして貼り付けてもよいです。

From. のあとに自分のユーザー名と国名を書いておくとよいです。本名と住所は書かなくてよいですが、書いておくとThanksカードを送ってくれる優しいユーザーもいます。

IDを記載する

相手はこのIDを元にあなたのカードを登録するので、忘れずに必ず記載します。

AIR MAILと記載する

郵便局でAIR MAILシールを無料でもらえますペンで書いたり、スタンプを押したりしてもオッケー。

メッセージには何を書く?

ガイドラインに沿っていれば、なんでも自由。短くても長くても。今回は短く書きましたが、いつも書くネタを挙げておきます。

  • 挨拶

「こんにちは!(Konnichiwa – Hello)」とか日英で書いたり、相手の言葉を調べて書いたりします。今回は、「Добрый день」、ロシア語の「こんにちは」を書きました。相手の名前をカタカナで書いたりもします。

  • 簡単な自己紹介

こちらは相手のプロフィールを読んでいますが、相手は届くまで知りませんので、「名前は◯◯で、日本のどこどこに住んでる学生です。」とか書いておくのも⭕(本名は書いても書かなくてもどちらでも。下の名前だけ書いてる人が多いかな?)

  • 天気の話

万国共通、老若男女問わずの鉄板ネタですね(笑)ここはもう寒くなってきたよ〜とか。

  • 住んでる場所の話

近くにこんな世界遺産があるよ〜とか海の近くに住んでるよ〜とか。異国の暮らしを想像できると楽しいですよね。

  • カードの説明

カードの補足説明をしてあげると文化理解が深まりますね。

  • Happy Postcrossing!

ユーザーが締めの挨拶の言葉として使っています。

Wall用にスキャンしておく(スキャナあれば)

ポストカードの画像をプロフィールページ内に表示することができます。画像登録は必須ではないです。基本的には受取人が受け取ってから登録しますが、差出人側からもあとから登録できます。スキャナを持っていればスキャンしておくとよいです。記録のために写真だけでも撮っておくのもおすすめです。くれぐれも相手の名前や住所の面をアップしないように注意⚠

投函→登録を待つ

相手に届いて登録されるのを待ちます。数週間はザラなので気長に待ちましょう🌴登録されたら自分にもどこかの誰かからカードが届きます😆楽しみ🎶

次回は届いたカードの登録方法をご紹介します。