Postcrossingの使い方:これを見れば簡単!登録と初期設定【2018年最新版】

Postcrossingについてはこちら😉
Postcrossingのサイトはすべて英語。英語初級者の方はハードルが高く感じるかもしれませんが、使われる単語も簡単ですぐに慣れますので、まずは登録してみましょう!

サインアップ

Postcrossingにアクセスし、SIGN UPをクリックします。
下記のように基本情報を入力します。

Username:公開されます。自分のページのURLにも使われます。2回まで変更可能。
Email:公開されません。Postcrossingからのお知らせやログインに使用されます。
Password:後から変更可能。6文字以上。
Country、City:居住地。プロフィールページのMapに大体の場所を表示するためのもの。
Postal Address:あなたにはがきを送る人に公開される住所。日本とは住所の書き方が逆になるので注意しましょう。住所の書き方サンプルのリンクがあるので参照してください。

メール認証

登録したアドレスにメールが届いているはずなので、認証のために文中のURLをクリックします。

以上で、アカウント登録は完了です👏

初期設定の方法

ログインして、Setting画面へ移動します。

ACCOUNT(アカウント設定)

ACCOUNT設定画面では、Account StatusがActiveになっていることを確認できればOK。
メールの受け取り設定などもこちらのページで。

Account Status:ActiveになっていればOK。Inactiveの場合はカードが届きません。
Username:変更の際はプロフィールページのURLも変更になるため注意。
Password:変更の際はここで。
Distance in:距離の表示方法。どちらでも。
I want to receive:メルマガと統計データに関するお知らせのメールの受け取りを希望する場合は選択。
Notify me of:コメントやお気に入り登録されたカードがあれば通知を希望する場合は選択。

PROFILE(プロフィール設定)

PROFILE画面は公開され、届くポストカードにも関わってくるので重要です!下記のように入力します。

Real name:下の名前だけとかあだ名でもいいし、任意。公開される情報。
Gender:Rather not to day/Male/Female/Group/Otherの選択が可能。
Speak:何語を話すか(理解できるか)を記載。
Website/Brog:自分のサイトがあって公開したい場合は記載。
Birthday:公開/非公開を選択する。
Tell others〜:プロフィールの自由記載。

注意書きには、「あなた自身のことを書いてください。どんなカードを受け取りたいか、受け取りたくないかを記載することは、規約に反する場合があります。」と記載されています。

とは言っても何も好みを書かないと送る人も迷ってしまうので、Any postcards are welcomed(どんなカードも大歓迎です)と書いておき、好きなものを書いておくと⭕。(鳥が好きとか、綺麗な切手が好きとか)

Preferences:お好みで。Direct Swapは直接交換。

ADDRESS(住所設定)

サインアップで登録したので、ここは特に設定の必要はありません。
今後住所を変更する場合はここで変更します。60日に1回、理由の記載とともに変更が可能。 

AVATAR(アイコン設定)

アイコンの画像をアップロードします。いつでも変更可能。

以上で、初期設定が完了しました😆
次は、早速カードを送ってみましょう💕

Postcrossingの使い方:ポストカードの送り方

2018.01.18