フィルムカメラ探訪:OLYMPUS PEN EFの使い方

OLYMPUS PEN EFの特徴

たくさん撮れるハーフカメラ
簡単操作!(ISOの設定→巻き上げレバーを巻く→シャッターを切る)
露出不足の時に教えてくれるので失敗なし
外装はプラスチックで280g
フラッシュ内臓(横にぴょんと出てくる)
PENシリーズ最後の機種

OLYMPUS PEN EFの使い方

電池の入れ方

フラッシュ用に単3電池が必要です。底のタブをスライドして電池室を開けます。(写真左端)

フィルムの入れ方

側面下にある銀色のタブをスライドして裏蓋を開けます。左手にフィルムを入れ、フィルムのベロを右手の巻き取りスプールの差込口に差し込みます。ダイアルを右に巻いて、フィルムがうまく送れるか確認。裏蓋を閉じます。

 

ISOの設定

レンズの周りのリングを回して設定します。ASA25〜400。

フォーカスについて

固定。1.4m〜∞。

絞りとシャッタースピードについて

セレン光電池による自動露出。1/30秒 f3.5〜1/250秒 f22。

撮影

撮影の都度、巻き上げレバーを右にスライドして、シャッターボタンを押します。レンズの周りに露出を計るセンサー(セレン光電池)があるので指がかぶらないように。露出不足のときは赤いベロがファインダーに出てきて教えてくれます。

 

巻き戻し

底の巻き戻しボタンを押して、巻き戻しクランクを回します。クランクの手応えが軽くなるまで。裏蓋を開けフィルムを取り出します。