フィルムカメラ探訪:OLYMPUS OM-1の使い方

 OLYMPUS OM-1の特徴

マニュアル操作が直感的でわかりやすい
ファインダーを覗きながら絞りやシャッタースピードの操作ができる
フィルム一眼の中では比較的軽い

 OLYMPUS OM-1の使い方

電池の入れ方

底の丸い蓋をコインなどで開けて、+が外から見える向きに電池を入れます。

フィルムの入れ方

巻き戻しクランク(写真左手のレバー)を上に引き上げて裏蓋を開けます。左手にフィルムを入れ、フィルムのベロを右手の巻き取りスプール(写真右手の軸)の差込口に差し込みます。巻き上げレバー(写真右手のレバー)を右に巻いて、フィルムがうまく送れるか確認します。裏蓋を閉じ、巻き戻しクランクは下に戻します。

 

ISOの設定

カメラ上部のダイヤルがISO設定です。右横の小さなボタンを押しながら回して調整します。ASA表記25~1600。

露出計をオンに

カメラ上部のタブをONにすると露出計が作動します。露出計を見ながら、下記の通り絞り優先もしくはシャッタースピード優先の設定を行います。

絞りの設定

レンズの先のリングで絞りを設定します。

シャッタースピードの設定

手前のシルバーのリングを回して調整します。B、1~1/1000秒。

フォーカスを合わせる

黒いでこぼこのリングを回して調整します。被写体がはっきり見えたらピントが合っています。

撮影

撮影の都度、フィルム巻き上げレバーを右にスライドして、シャッターボタンを押します。ファインダー内左手の+-の中間が適正露出となります。撮影後は露出計をオフにしておくと電池の消耗が防げます。(この写真は露出オーバー)

巻き戻し

巻き戻し時はカメラ前面の巻き戻しクラッチをRに切り替えて、巻き戻しクランクを回します。手応えが軽くなるまで回します。裏蓋を開けフィルムを取り出します。クラッチをRから元に戻しておきます。